怪物事変( けものじへん)

このページでは怪物事変のコミックス第14巻の感想やネタバレを紹介したいと思います。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

コミックス第14巻は2021年7月に発売されました。

この巻では屋島を襲撃に来た赤城と花楓を相手に、屋島の頭領・太三郎が裏屋島で戦うことになり、そこへ修行を終えた夏羽たちや他の者も参戦して裏屋島では激闘が繰り広げられます。赤城と花楓との戦いは決着するところまでが描かれています。

 

怪物事変の単行本13巻の感想・ネタバレはこちら↓↓

【怪物事変の単行本13巻】感想・ネタバレ

 

《14巻の裏表紙の説明文》

狸たちが住まう裏屋島への襲撃者から全ての命を守るべく、ただの御一人で狐に挑まれる三代目頭領・太三郎様。その間、屋島に向かう道中で福姫との修行を終え、到着した夏羽一行が目にしたものは、連携して一体となり、巨大な炎の狐へと姿を変えた花楓と赤城にございました。以前に大切なものを託し、自分たちを助けてくれた屋島の狸の恩義に報いるべく、夏羽は合流した紺と共に、戦いへ——。

 

スポンサーリンク

 

登場人物

夏羽(かばね )

織(シキ)

晶(あきら)

隠神(いぬがみ)

野火丸(のびまる)

紺(こん)

赤城(あかぎ)

花楓(かえで)

太三郎(たさぶろう)

全吉(ぜんきち)

伊予姫(いよひめ)

 

収録話

『51. 裏屋島』

野火丸「屋島まであと……30分くらいですかね」

隠神「30分か……」

 

赤城と花楓の襲撃の件を聞いて屋島へ向かう隠神たち。

その道中で『屋島』という地について話をします。
屋島には人間のそうである「表の屋島」と狸の棲む層である「裏の屋島」があります。〝うらしま〟と呼ばれる裏の屋島は太三郎が作ったもので、そこで起こったことは太三郎が全てあくしています。
裏屋島に入るには作法がありますが、幻使いの赤城は仕掛けを見破り強引に入ってくるだろうと予想する野火丸。隠神は太三郎が裏側に棲む狸たちを表の屋島に逃し、自分一人で赤城たちと戦うだろうと話します。

 

———裏屋島———

野火丸と隠神の予想は的中で、狸たちを表の屋島へ逃し、赤城とたいする太三郎。

赤城たちの目的は屋島を壊滅させて、さらに付加として飯生に自分たちの力を思い知らせること。赤城は自身の持つ幻の能力で合図を出して花楓と合流。そして合体して巨大な狐の姿へと変わります。

 

赤城「飯生妖子が女王なら…… 僕たちは神になる!! 御首みしるしちょうだいいたします!!

 

太三郎ここはわしの庭ということ… 忘れてくれるなよ!

 


出典:怪物事変 コミックス14巻より

合体する赤城たちに対し太三郎は大きな波を起こして対抗。

 

一方、表側の屋島では狸たちが事件のことでざわついている様子。

全吉は紺を見つけて話しかけます。全吉は太三郎が裏屋島を空間ごと圧縮させて敵と共に自分も消える覚悟だということを話します。

話している途中で上空から何かが現れ、その正体は隠神たちを輿こしに乗せた全吉の父・満吉の姿。
中から現れる隠神たち。

紺は夏羽を見つけて上空で再会。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

 

夏羽と紺が着地。夏羽は屋島を守るため戦闘態勢に。

 

『52. 突入』

メンバー全員が屋島に揃います。
夏羽は大人の姿の野火丸を見て不思議そうに思い、紺は野火丸だと感づきます。野火丸は野火丸の兄「野火太郎」と名乗り、それに騙される夏羽と紺。一応味方だということを聞き、この戦いで一緒に戦うことになります。

福姫に修行の件について話しかける隠神。夏羽と織と晶は時渡しの空間で福姫の指導によって修行は無事に完了していました。

隠神たちを裏屋島へ送るため、ヨシヱの掛け声で準備をする狸たち。

突入前に紺は隠神の元へ行き、過去の記憶を取り戻した紺は飯生のことについて話そうとします。しかし隠神はそれを却下。生き延びるために、悔いは残しておくものだと言います。

紺の元へ来て手を握る夏羽。

 

夏羽「紺」

「夏羽……」

夏羽「俺は……紺のこと飯生さんに謝ってもらいたい だから 終わったら一緒に行こう 飯生さんのところ

 

裏屋島へ行く準備が整い、夏羽たちは一瞬で裏屋島へ。突入したメンバーは夏羽、織、晶、隠神、紺、野火丸の6名。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

裏屋島では太三郎と合体した赤城たちが戦っていました。

 

花楓あ————っ!! 夏羽クンだ!!!!

夏羽花楓……!

 

夏羽に気づいた花楓。晶は六花の力を使って夏羽と紺を乗せて空中に浮きます。赤城は他のメンバーがどこかにまぎれていることを察します。
隠神は太三郎と合流。太三郎に助太刀を申す隠神。
織と野火丸は潜伏せんぷく。建物に隠れて相手の様子を見ます。

野火丸は、赤城の幻が花楓の炎を増幅させて花楓の炎が赤城の精神を安定させている完璧な合体だと言い、分裂させれないか方法を考えます。

 

太三郎しまさんじゅう六景ろっけい 篠突しのつきりゅう

 

太三郎たちが波を使って攻撃を仕掛けますが、赤城たちは熱風を出して攻撃を気化。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

夏羽は地上に降りて赤城たちの前に向かっていきます。

夏羽に気づく赤城。

 

赤城「夏羽クン 君にはお礼を言いたかった 君のような子供に敗北しなければ僕は 他人に歩み寄ろうなんてしょうがい思わなかったでしょう 一人でよかった 孤高でよかったのに フフフ 飯生さまあの女の力を借りずとも欲しかったものを手に入れた 安らぎですよ この世にこんな幸福があるとは………知らなかったな」

夏羽「………赤城の言ってること……俺にもわかる でも…… していることは…全然わからない

 

赤城は足で夏羽に攻撃をくらわせ、夏羽は身体からだを再生させて進化した姿に変わります。

 

『53. 十拳』

時渡しの空間での回想シーンから始まり、伊予姫の母・福姫は『つか』というしょうげきによる必殺技を夏羽に教えることになります。

 

福姫「〝あれ〟とは掌撃に〝怪物の力〟を乗せ… 威力を十倍にしたもの——」

 

場面は裏屋島に戻り、赤城たちと戦う夏羽。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

十拳を当てて合体した赤城の左足を吹き飛ばす夏羽。

赤城たちは姿を変えて再び夏羽たちと戦います。

押される夏羽たちですが、潜伏していた織と野火丸が夏羽たちを助けました。
作戦を考える夏羽たち。そこで野火丸はある提案をします。

 

野火丸「まあ……でも 〝ちょっとやってみたいこと〟ならありますよ

 

太三郎と隠神は波を使って赤城たちと戦いますが太三郎は体力が限界に近づいてきます。
しかし、そこに現れたのは夏羽や狐の面影がある見たことがない謎の人物でした。

 

『54. 器』

———屋島寺———

部屋には伊予姫、綾、組の3人の姿が。

 

「ねー お寿司よ お寿司」

 

綾と組は食事をとろうとして伊予姫に話しかけますが、伊予姫は浮かない様子。
部屋の扉が開き、そこに伊予姫の両親の多郎太と福姫、そして護衛の全吉が現れます。

 

全吉「ご報告がございます」

伊予姫「報告? ……」

 

———裏屋島———

赤城たちと戦いを繰り広げる謎の人物。その実力や正体に戸惑う赤城たち。

 

花楓どうなってんだよ! 夏羽クンから色んなニオイすんぞ!!

 

謎の人物の正体は合体した夏羽・野火丸・紺。
野火丸の作戦で3人は合体してたたうことになります。

 

表の屋島では、裏屋島の激しい戦いによって時空の歪みが現れて、狸たちは驚きを隠せない状況。

 

裏屋島では互いに合体した赤城たちと夏羽たちが戦っています。

太三郎は隠神がサポートをしているとはいえ体力が限界な様子。太三郎の目には戦っている夏羽の姿が。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

限界を感じながらも最後の力を振り絞って波を出して隠神と共に赤城たちに攻撃する太三郎。

そのすきに夏羽たちは止めの一撃を繰り出そうとしますが、赤城たちも反撃しようとします。
しかしそこに潜伏していた織と晶が現れ、合体技で花楓の目を死角に。

そして止めの一撃をくらわせた夏羽たち。

赤城は逆上。別空間の裏側の屋島で戦っていた赤城や夏羽でしたが、赤城のその力はついに表の屋島にまで顔を出します。

 

赤城えろォ 雑菌ざっきんどもッ!!! 神を侮辱ぶじょくじだごどッ い改めながら!! 浄化ざれるがいい!!!

 

『55. 業火を熾す風』

屋島はすでに40℃の極暑ごくしょ

表の屋島に顔を出して怒り狂う赤城。表の屋島に出さないために裏側(裏屋島)から抑える隠神と紺。
裏屋島では夏羽、晶、太三郎が力尽きて戦闘不能。
作戦を考える織と野火丸。野火丸は奥の手である「新調した右腕」を使うか考えます。

赤城たちを表の屋島に出さないために、狸たちは力を合わせて幻を出して抵抗。そこに助太刀に現れる全吉。そして上空からは伊予姫の姿が。

 

伊予姫みなしゅう! 今の今までよくぞえた! 伊予と一緒にもうひとふんばりじゃ!!」

 

伊予姫も協力して渾身の一撃が入ります。


出典:怪物事変 コミックス14巻より

赤城と花楓は分裂。
何が起きたかわからない花楓に対して話しかける赤城。

夏羽は意識が朦朧もうろうとする中で起き上がり、赤城に声をかけます。

 

夏羽「赤城… 赤城!聞いて!

赤城「……? 夏羽クン…… 今さら一体… 何……」

夏羽もうしないと言って! 手伝って 俺は飯生さんより強くなりたい

 

夏羽の言葉に驚く赤城。
赤城はその言葉を拒絶し、夏羽に対して赤城も言葉を返します。

 

赤城「——でも これは言ってあげましょう 『敗けました』

 

最期に赤城は花楓に話しかけて地面に倒れます。

 

怪物事変⓮(完)

感想

本格化した赤城たちとの戦い。ついに決着しましたね。この戦いは怪物同士の合体やみんなで力を合わせて戦った、激闘でした。

最初は夏羽、シキ、晶が強くなるために隠神に稽古をつけてもらうところから始まって、その間に赤城と花楓が屋島に攻めてくることになるとは思いませんでした。でも夏羽たちも修行の成果をこの戦いで発揮できたのではないかと思います。前回の島根の時の戦いよりお互いに強くなってさらに激しい戦いとなりましたね。

伊予姫も最後活躍して屋島の時期頭領としての良い見せ場がありました。

夏羽の必殺技やシキと晶の合体技、夏羽と野火丸と紺の合体、太三郎や隠神、伊予姫など狸たちの活躍など、裏屋島での戦いは大勢のキャラがそれぞれ活躍して楽しかったです。

 

見どころ

・夏羽の新必殺技『十拳』

・夏羽と野火丸と紺の合体

 

口コミ

「仲間たちが集結して白熱した大激闘」「屋島のみんなが伊予姫と力を合わせて戦うところに感動」「夏羽と紺の再会がアニメのOP」「最後の赤城と花楓のシーンが悲しい」「夏羽と紺と野火丸の合体姿がかっこいい」など

 

スポンサーリンク

まとめ

【怪物事変の単行本14巻】
・夏羽たちが屋島に着いて裏屋島に行くメンバーが集結
・赤城&花楓と裏屋島で激突
・裏屋島での戦いが終結

怪物事変14巻では夏羽たちが屋島に到着して裏屋島での赤城たちとの激闘が描かれています。たくさんのキャラや技が登場して、この戦いは屋島のみんなと協力しての勝利になりました。
夏羽と紺が再会するシーンはTVアニメ「怪物事変」のOPでもあったシーンです!
なんとか屋島を守り切った夏羽たちですが、夏羽たちもかなりのダメージを負うことになりました。14巻はパワーアップした赤城と花楓との裏屋島での激戦でした。

ちなみに今回の14巻はページ数が少ない収録話があってそのためいつもより多い5話収録になったようです。

裏屋島編が決着してこのあとの赤城と花楓の処分がどうなるのか、続きは15巻へ。

 

今回は怪物事変の単行本14巻についてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》