怪物事変キャラクター紹介!!


出典:怪物事変 コミックス16巻より

京都で活動する公安警察の特殊チーム「ゲンジ」のメンバーである『卜部』『シン』『鋼太郎』。

ゲンジのメンバーは全員が人間で、捜査をしているのは〝怪物〟。世間で起きた怪事件に怪物が関係していないかを調べ、怪物が関係している場合は捜査の対象になります。

怪物は人間にはない身体能力や特殊能力を持っていて、普通の人間では到底敵いません。しかし、ゲンジのメンバーは一人一人が怪物退治のプロとして怪物に負けない力を持った実力者たちです。

 

今回は怪物事変に登場する公安警察「ゲンジ」のメンバーの『卜部』『シン』『鋼太郎』について紹介しようと思います。

 

 

京都の公安警察「ゲンジ」

京都の公安警察「ゲンジ」は、公安警察の中でも怪物を捜査する特殊チームです。

リーダーは総理大臣の息子の頼電。
誠実で周りからも一目置かれる存在の頼電を始め、卜部やシンなどの実績あるメンバーが揃っています。

卜部について

名前:卜部 季久(うらべ すえひさ)
年齢:37歳
誕生日:12月28日
身長:185cm
体重:78kg
好きなもの:娘、自分を追い込むこと(トレーニングや食事制限など)
嫌いなもの:パソコンを使う仕事、納豆
実は:給料のほとんどを娘の養育費としているが受け取り拒否されている

 

京都府警察警備部公安課。
怪物を捜査する公安警察「ゲンジ」のメンバー。

性格は冷静で、頭の切れる人物です。戦闘ではいかなる状況でも落ち着いた判断で相手を制圧します。見かけによらず筋肉質で素早く動く身体能力を持っています。

ゲンジに入る前は陸上自衛隊の一員として活躍していました。隊員の中では有名な存在で、周りからは〝忍者〟と噂されていました。
日米合同訓練の時に雪山で熊に襲われている隊員を見て、素早い動きと的確な攻撃で熊を撃退したことがあります。

妻と中学2年生の娘がいますが、現在は離婚して別々に暮らしています。仕事に対してはとても熱心ですが、それが原因で妻とは離婚。
東京に住んでる妻と娘を守るため、公安警察「ゲンジ」の一員になりました。

シンについて

名前:シン・ウィークライト
年齢:35歳
誕生日:7月29日
身長:191cm
体重:82kg
好きなもの:危険、未知、外科手術(するのも、されるのも)、フライドチキン
嫌いなもの:心配されること
実は:とても口には出せないような研究に投資している

 

京都府警察警備部公安課。
怪物を捜査する公安警察「ゲンジ」のメンバー。

性格は明るく好奇心旺盛。医師で、自分の体を改造した全身改造人間いろいろな生き物に興味があり、危険生物や未知の生物、自分自身の体の研究もおこなっています。

肉体のほとんどが人工で、身体機能をプログラムで動かしています。
骨は蛇腹状なっていて蛇の身体からだのようによく曲がるため壊れにくくなっています。心臓が二つあり、一つは自分のもので、もう一つは人工のもの。自分の心臓が止まると代わりに人工の心臓が作動して鼓動を始めるため、二つの心臓を交互に使って極限状態でも生きることが可能。

YouTubeのMetalメタル Heartハート CHチャンネル」というチャンネルで動画投稿もしていて、周りからはDr.ドクターメタルハート〟と呼ばれています。
内容は生き物と触れ合うというもので、危険生物が多数登場しています。

いつ死んでもおかしくない環境の中でしか生きてることを実感できない「破滅的危険依存症」の持ち主。

元軍医で頼電の主治医でもあります。自分の体を通して生き物を深く理解して医療現場に貢献しようと考えています。
シンの血清から採取された免疫抗体を使ったワクチン研究は世界中で進行中。
シンの研究所は東京にあり、シンを慕う多くの研究者が東京で生活しています。

怪物が出す毒や有害物質の研究を行うため、公安警察「ゲンジ」の一員になりました。

鋼太郎について

詳しいプロフィールは不明。

京都府警察警備部公安課。
怪物を捜査する公安警察「ゲンジ」のメンバー。

性格は落ち着いています。ゲンジの新入り。動物が大好き。

ゲンジに入る前は鑑識課にいて、警察犬の訓練をしていました。右手は義指。
今まで手に負えなかった犬もしっかりとしつけることができます。犬を虐待する者に対しては強い敵意を向けます。

犬は鋼太郎に対して従順で、飼い主(鋼太郎)と一緒に相手と戦います。

怪物屋との手合わせ

怪物屋が怪物の結石を求めて京都にやって来た時にゲンジのメンバーと会うことになります。

ゲンジは怪物を捜査する公安警察で、飯生討伐のため作戦を立てている時に怪物屋と会うことになって、お互いに手を組むことになります。

飯生討伐のための作戦に移る前に怪物屋とゲンジは5対5で手合わせをすることになります。

勝利条件は相手の根付を取ること。

卜部 VS 紺

卜部と向かいあった紺は、卜部に対して危険を感じていましたがそのまま攻撃へ。

卜部は目の前に迫った紺に対し猫騙しのように対怪物用の「ようろうがん」と忌避剤をまき、紺はまともに戦えなくなってしまいます。

紺の根付を取って卜部の勝利。

シン VS 晶

「初撃は生身で受ける」というシンに対して晶は六花権現を発動させて攻撃します。

無防備で攻撃をくらったシンでしたが普通に起き上がりノーダメージ。シンにさらに強い攻撃をくらわせる晶。しかし、無傷で起き上がるシン。

晶は力尽き、根付を取られてシンの勝利。

鋼太郎 VS 夏羽

むじなごろしで力を封じるため箱に入れられていた花楓が箱から出され、夏羽と一緒に戦うことになります。鋼太郎はしつけた8匹の犬と共に戦います。

花楓が出した烈火の中に、鋼太郎のしつけた犬が一匹飛び込みます。鋼太郎は犬を守るため自身も飛び込みますが、そこで夏羽が鋼太郎と犬を助けることになります。

鋼太郎は負けを認め、自ら根付を夏羽に渡して敗北。


まとめ

京都の公安警察「ゲンジ」のメンバーの卜部、シン、鋼太郎。

卜部とシンはゲンジに入る前には別の場所で有名な人物として活躍していました。

卜部は見た目は普通だけど戦ったら実はめちゃくちゃ強いというキャラですね。忍者と言われるだけあって動きが早く、冷静な性格もあってかなりの実力者でしょう。

シンはサイボーグみたいな面白いキャラですね。六花権現の攻撃が効かないって相当タフだと思うんですが…。心臓2つってもはや人間じゃない(笑)

鋼太郎は犬好きの優しい好青年という感じですね。飯生に洗脳された、同じ坂田という名前の人物との関係が気になるところです。

他にはリーダーの頼電とハッカーのツナマヨがいますがこの2人もかなりの実力者。

京都編はゲンジのメンバーの活躍も楽しみです。

 

今回は怪物事変に登場する公安警察「ゲンジ」のメンバーの『卜部』『シン』『鋼太郎』について紹介しました。

 

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》