漫画『怪物事変』には多くの名言・名シーンが出てきます。

怪物事変はキャラクターの心情気持ちの変化などが細かく描かれていて、読んでいてつい感情移入してしまう場面やキャラクターに共感できる部分などもあるかと思います。

 

怪物事変の魅力の1つにキャラクターの良さもありますが、今回は管理人が選んだ『怪物事変』の名言・名シーンをまとめてみました。

 

※この記事ではコミックスの1巻〜8巻をまとめています

 

スポンサーリンク

 

【怪物事変】名言・名シーン

1巻


出典:怪物事変 コミックス1巻より

① 隠神が夏羽は捨て子ではないことを話すシーン


出典:怪物事変 コミックス1巻より

隠神「これは〝命結石〟と言ってな 特殊な状況下でしか生み出されず この石にしか存在しない成分があるとかで それはそれは貴重な石なんだぜ 捨てる子にやるような代物じゃない お前を女将さんに預けなければならない事情があったんだろう」 「お前は捨てられてないよ」

今まで捨て子だと思って生きてきた夏羽にとっては衝撃的な言葉( ゜゜)

 

② これからは『泥田坊』ではなく『夏羽』として生きていくシーン


出典:怪物事変 コミックス1巻より

隠神「……まあ でも 死んだよ 〝泥田坊〟はさ

これから夏羽の新しい人生が始まります。
1話の終わり方が良いですね^^

 

③ 夏羽が両親に会うために探す決意をしたシーン


出典:怪物事変 コミックス1巻より

夏羽「………俺の親は 怪物… なんですよね…… 隠神さんは怪物の なんでもする探偵なんですよね……」 「隠神さんのところで働けば 俺は両親に会えますか?」

隠神「夏羽 親に会いたいか?」
夏羽「会いたいです

家族を助ける依頼が終わって、夏羽は決心をします。夏羽の気持ちの変化が見れました( ´ `)

 

④ 夏羽が織に対して前向きに生きる発言をするシーン


出典:怪物事変 コミックス1巻より

夏羽「…… 東京は… すごく…明るい 俺のいた村は外灯がほとんどなくて 夜になると完全な闇になる…… 俺も昨日まで 自分は捨て子だと疑いもせず生きてきた なんの目印もない 完全な闇 俺の人生には 昨日まであかりがなかった でも 隠神さんが火を灯してくれた だから 絶対に消さない

夏羽は鹿の子村にいた時より前向きになっています^^

 

2巻


出典:怪物事変 コミックス2巻より

⑤ 依頼人の夜野が好きな人に想いを伝えるシーン


出典:怪物事変 コミックス2巻より

夜野「き…キミと出会うまで ぼくは… 何もない人間でした 興味のあることも…  友達もいなくて…  ずっとひとりぼっちで…… 毎日…ただ息して動いてるだけ… ロボットみたいだった………」

夜野「まおちゃんは 初めてできた ぼくの… 光なんです」 「ぼくを猫にしてください ぼくはキミのために生きたい

作中で1回しか出てこないこの冴えない男性ですが、このシーンはとても印象に残りました(*´`*)

 

3巻


出典:怪物事変 コミックス3巻より

⑥ 夏羽がミハイのアドバイスで怪物の力が開放されるシーン


出典:怪物事変 コミックス3巻より

ミハイ「いいか夏羽よ 貴様が私やその怪物に力で勝てぬのは 人間の力しか使っていないからだ 怪物の力を使え!

ミハイ「シンプルに考えろ 貴様が今一番叶えたいことはなんだ?」
夏羽「…… こいつを倒したい」
ミハイ「そう」
夏羽「織もアキラも うしないたくない」
ミハイ「そうだ」 「それが本能こころ

夏羽が怪物の力を使って蚊婆を秒殺。ミハイは良い助言役ですね!

 

4巻


出典:怪物事変 コミックス4巻より

⑦ 隠神の生きていく上での覚悟が分かるシーン


出典:怪物事変 コミックス4巻より

隠神「殺しを良しとしてるんじゃない… 覚悟をしてるんだ… あんたと違ってね 殺れば 殺られる 殺られるなら 殺る ……それだけさ

怪物の世界は弱肉強食。隠神は生きていく上で覚悟を持っています。

 

⑧ 夏羽が織のために戦おうとするシーン


出典:怪物事変 コミックス4巻より

夏羽「シキ さっきとは少し……状況が変わったように思う だから もう一度聞く」 「俺にできることはある?

夏羽とシキの友情。シキの分まで夏羽が戦います!

 

⑨ 組が目を覚まして織と綾と再び顔を合わせるシーン


出典:怪物事変 コミックス4巻より

組「ふたりとも………大きくなったのねぇ 元気で…… よかった……」

これはもう本当に感動の再会ですね。ハッピーエンド(^▽^)

 

5巻


出典:怪物事変 コミックス5巻より

⑩ 野火丸が夏羽の努力を称えたシーン


出典:怪物事変 コミックス5巻より

野火丸「そんなに落ち込まないでください 狐の幻は 記憶を消せても〝気持ち〟は消せないんです」 「夏羽くんの努力は 無駄ではなかったはずですよ

夏羽の頑張りが分かる回でした。野火丸、いいこと言いますね〜( ´ `)

 

⑪ 夏羽と野火丸が協力して戦うシーン


出典:怪物事変 コミックス5巻より

夏羽「野火丸 火力を上げて」
野火丸「ダメです これ以上火を強くすると 燃焼速度が再生速度を上回って 君の身体が崩れてしまいます かえって弱くなりますよ」
夏羽「数秒持てばいい 早く
野火丸「さすがは夏羽くん 僕はそんな君が大好きです …では 遠慮なくいきますよ!」 『火力 MAX!!!』

氷の結を相手に、夏羽と野火丸がお互いの能力を活かした戦いでした。夏羽丸焼き作戦がすごい(^ ^;)

 

6巻


出典:怪物事変 コミックス6巻より

⑫ 双子の弟の晶が兄の結にこれからは二人一緒だと言うシーン


出典:怪物事変 コミックス6巻より

晶「……ひとりでは耐えられないこともふたりなら耐えられるって 兄さんが言ってたんだよ……」 「ボクたち今日から ふたりだよね?

今まで晶のためにつらいことは全部自分ひとりが引き受けていた結。しかしそんな結に晶は気持ちを伝えました。双子最高( ´`)

 

⑬ 織がミハイに土下座をして稽古をお願いするシーン


出典:怪物事変 コミックス6巻より

織「足手まといに…… なりたくねぇ……!! ……お… お願いします……!」

ミハイ「——…いいことを教えてやる 〝未体験〟〝ザクロの缶詰〟〝惜しみない賞賛〟 そして…〝土下座〟 私の好きなものだ 覚えておくがよい

普段は強気なシキですが、『強くなるため』『足手まといになりたくない』という思いで、プライドを捨ててミハイに土下座をして稽古をお願いしました。
シキの男気!

 

7巻


出典:怪物事変 コミックス7巻より

⑭ 夏羽が融合した怪物の結石に対して何かを感じ取ったシーン


出典:怪物事変 コミックス7巻より

夏羽「すべての結石を集めて融合させたら この方は復活しますか?」 「俺は…この方に会ってみたいです 根拠はないけど 感じる… ずっとそばにあったから

夏羽が感じ取ったものとは…。 鹿の子村の時からずっと一緒でしたからね、会えると信じましょう(^ ^)

 

⑮ 紺にとっての一番の存在が飯生から夏羽に変わるシーン


出典:怪物事変 コミックス7巻より

紺「…… なんで…… みんな… みんな… 紺のことを疑っている どうして夏羽は… ……」
夏羽「紺がやってないっていうから

紺「わ…わからない わからない……! 紺はいい子になりたいのに… い…飯生さまは 飯生さまの任務はっ… こんなのはっ…… いい子のすることじゃない……!!」 「…… ……が… いい…… 夏羽がいい 紺の一番は夏羽がいい

飯生と夏羽を天秤にかけて葛藤する紺。夏羽に想いを伝えるシーンに感動( ;  ; )

 

8巻


出典:怪物事変 コミックス8巻より

⑯ 夏羽が怪物屋を名乗るシーン


出典:怪物事変 コミックス8巻より

夏羽「流結石は手に入れる あいつらはやっつけるし あなたたちも助ける」 「俺たちが怪物屋です

夏羽が怪物屋として助けを求める村人に応えるシーン。夏羽のかっこいいシーンです^^

 

スポンサーリンク

まとめ

【名言・名シーンまとめ】

1巻
①隠神が夏羽は捨て子ではないことを話すシーン
②これからは『泥田坊ではなく『夏羽』として生きていくシーン
③夏羽が両親に会うために探す決意をしたシーン
④夏羽が織に対して前向きに生きる発言をするシーン

2巻
⑤依頼人の夜野が好きな人に想いを伝えるシーン

3巻
⑥夏羽がミハイのアドバイスで怪物の力が解放されるシーン

4巻
⑦隠神の生きていく上での覚悟が分かるシーン
⑧夏羽が織のために戦うシーン
⑨組が目を覚まして織と綾と再び顔を合わせるシーン

5巻
⑩野火丸が夏羽の努力を称えたシーン
⑪夏羽と野火丸が協力して戦うシーン

6巻
⑫ 双子の弟の晶が兄の結にこれからは二人一緒だと言うシーン
⑬ 織がミハイに土下座をして稽古をお願いするシーン

7巻
⑭ 夏羽が融合した怪物の結石に対して何かを感じ取ったシーン
⑮ 紺にとっての一番の存在が飯生から夏羽に変わるシーン

8巻
⑯ 夏羽が怪物屋を名乗るシーン

 

コミックス9巻以降の名言・名シーンを選んだ記事はこちら↓↓

漫画『怪物事変』の名言・名シーン②

 

作中で今までに登場したキャラクター一覧↓↓

漫画『怪物事変』の今までに登場したキャラクター一覧

 

今回は漫画『怪物事変』1巻から8巻の名言・名シーンについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》