【怪物事変(けものじへん)】


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトより

ユキオノの双子・晶と結の故郷『雪の里』。

雪の里は青森県の山奥にある里で、辺りは雪に覆われていてユキオノと『ユキオナというもので成り立っている里です。

この里には厳しい掟があり、おさとなったユキオノは強制的に子孫を残す役割を担わされます。里ではユキオノは100年に一度しか生まれないと言われていましたが、例外として晶と結が双子として生まれました。

 

今回は晶と結の故郷『雪の里』のおきてについて書いていこうと思います。

 

※アニメ版とは設定が若干異なっています

 

スポンサーリンク

 

『雪の里』について


出典:怪物事変 コミックス6巻より

雪の里は青森県の山奥にある里です。雪の里は200人程度のユキオナと100年に一度しか生まれないと言われるたったひとりのユキオノとで成る怪物の里です。しかし、晶と結が双子として生まれることで里の歴史が変わります。

生まれたユキオノは成熟するまでは周りのユキオナたちが面倒をみます。ユキオノユキオナに厳しく監視されていて、行動を規制されています。そのため晶と結は自由に行動することが難しい中で生活をしていました。

ユキオナしゅうによる内心の上下関係を生まないために全員が顔布かおぬのをして顔を隠しています。

雪の里は辺り一面が雪で覆われていて、里の奥には怪物の結石零結石れいけっせきまつられています。

 

災厄の前触れと言われ、過去に例を見ない双子のユキオノとして晶と結は里に生まれました。

【怪物事変】双子の結晶!! 弟の晶と兄の結《雪男子について》

【怪物事変】雪の里の雪女子・氷雨

 

雪の里の掟とは?

里から出ることは許されない

雪の里の者は里の外に出ることは許されていません。里の歴史上、里以外の者と子供をつくることは禁止されています。人間が里の中に入ってくることもないので関わることはなく、関わるのは里の者同士だけです。里の外の雪山にはたまに人間の落とし物があります。

零結石を持ち出すことは許されない

里の奥にまつられてある強大な力を持つ石〝零結石〟を持ち出すことは禁止されています。

雪の里は零結石の力によって吹雪の結界が張られていて人間が入ってこないようになっています。

精通した雪男子は長となって種を残す

雪の里には〝種を残すのは長だけ〟という掟があり、ユキオノ精通をしたら長となって子孫を残す役割を果たさなければなりません。そのため、種を残すために里のユキオナを相手に行為を毎日し続けなければなりません。

雪の里では子を多く産むユキオナが一番偉く、ユキオナたちはみんな我先われさきにと子をはらもうとします。

おさになったユキオノユキオナに子作りのために利用されるのが運命です。男児が生まれると父親は近づくのを禁じられて別室で監禁され、やがて亡くなります。

 

長になったのは〝結〟

100年に一度生まれると言われるユキオノですが、晶と結は双子として生まれたため、最初はどちらがおさになるかはわかりませんでした。

ユキオナの中では会議が行われ、里で一番優秀だったユキオナさめの意見は『先に精通した方を長とせよ』というものでした。精子の若い期間は一日でも多く使うべきと考えています。

結の精力は相当なもので晶では務まるか分からないと言われる程でした。

 

結はおさになって毎日何度もユキオナと行為(子作り)をさせられて、ユキオナたちは子をたくさん産もうとします。結は毎日ただロボットのように扱いを受けるだけ…。ユキオナねやではなんでも喋り、みにくく汚くそれでも我慢してユキオナたちと遅くまで続けなければなりません。

そんな日々の中、結は晶の精通に気づきます。里には〝種を残すのは長だけ〟という掟がありますが、一人でも多くの子を産もうとするユキオナがそのような掟をじゅんしゅするとは思えないと結は考えます。晶を自分と同じ目に合わせないためにも、ユキオナたちが晶の精通に気づく前に晶を里から逃がすことを考えます

結はユキオナを集めて、ひとり残らずはらませることを条件に晶を里から逃すように訴えます。氷雨は結の覚悟に免じて晶の出郷を不問にします。しかし後日、氷雨は里の歴史を守るために晶の命を狙う追手を向かわせていました。

それに気づいた結はその後、ユキオナたちから逃げて零結石を持ち出して里を出ます。零結石の力に呑まれてメンタルに影響が出ながらも、晶を探しに東京にやって来ます。
零結石の別名は『死をもたらす石』。結の身体には大きな影響が表れていました。
【怪物事変】死をもたらす零結石の力! 結が死亡寸前に!

 

スポンサーリンク

まとめ

雪男子の怪物・晶と結が生まれた場所『雪の里』では厳しい掟がありました。

雪の里の掟

・里から出ることは許されない
・零結石を持ち出すことは許されない
・精通した雪男子は長となって種を残す(種を残すのは長だけ)

雪女子はとにかく子供をひとりでも多く産むことを考えて、雪男子はそれに利用されていくだけという感じでしたが、疲れていても毎晩たくさんの雪女子を相手しなければならない雪男子は大変ですね…。雪男子はただつらい時間を過ごすだけです(- -;)

行動も制限されていて、自由に遊んだりするのは難しそうです。晶は2巻で『東京での生活が華やかで楽しくて』と言ってましたが、たしかに雪の里とは状況が全然違うように思いました。晶と結は東京で再会してこれから新しい生活が始まりますが、きっとこの先いろいろなことに慣れていくことでしょう。

 

雪の里での過去編はコミックス6巻で読むことができます。
【怪物事変の単行本6巻】感想・ネタバレ

アニメ版と漫画版で少し違うので、一緒に見てみると面白いかもしれません。

 

雪の里では〝零結石〟という怪物の結石が出てきます。

怪物の結石の他の種類についてはこちらを参照↓↓

怪物事変に出てくる〝怪物の結石〟とは!? 種類や効果について

 

今回は晶と結の故郷『雪の里』のおきてについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》