怪物事変キャラクター紹介!!


出典:怪物事変 コミックス15巻より

京都の公安警察「ゲンジ」のリーダーで、周りも認める規律正しい人間『源頼電』。

頼電はゲンジのリーダーとして活躍する一方、学校では生徒会長としても生徒のことを考えて行動して真面目に生活しています。

頭脳・身体能力が共に優秀で、それに加えて真面目な性格なため周りの者たちからの信頼も厚く、父親が日本の総理大臣ということから頼電も将来は日本の総理大臣候補として周りから期待されています。

怪物(特に狸)が嫌いで、隠神に対しては深い恨みを持っています。

 

今回は怪物事変に登場する源頼電について紹介しようと思います。

※ジャンプSQ.ネタバレ画像あり

 

 

源頼電について


出典:ジャンプSQ. 2022年6月号 怪物事変より

名前:源 頼電(みなもと らいでん)
年齢:17歳
誕生日:7月1日
身長:174cm
体重:61kg
好きなもの:食事、運動、睡眠、人と交流すること、姉
嫌いなもの:不誠実、怒りの感情、狸
実は:かなりのたいしょくかん

 

京都源大学付属高等学校3年。京都府警察警備部公安課。
怪物を捜査する公安警察「ゲンジ」のリーダー。

性格は真面目。頭脳・身体能力が共に優秀。誠実で礼儀正しく、仕事もきっちりとこなすため周りの者たちからの評価も高いです。普段は学校に通っていて、生徒会長を務めています。生徒たちから人気があり、男女共に頼電は憧れの存在となっています。
その一方で公安警察の特殊チーム「ゲンジ」のリーダーでもあり、ゲンジの仕事も真面目にこなしています。

同じゲンジのメンバーのツナマヨとは親友。

父親は日本の総理大臣。頼電自身、普段から活躍している実力ある人物で周りの人間からの信頼も厚く、将来は父親の後を継いで総理大臣になる可能性があります。

真面目で実力がある頼電ですが、時折ときおり感情が爆発することがあり、その原因は〝狸〟にあります。
狸のことは死ぬほど嫌いで、画像を見ただけで画像ごと真っ二つに切ってしまうほどです。

怪物のことは駆除対象にしか見ていません。

怪物駆除に使う専用の武器を持っています。
武器は刀で、名前は「電磁刀・御雷みかずち」。刀身には高圧電流が流れていて、一太刀で卒倒してしまう威力があります。作ったのはツナマヨ。

主治医であるシンのテクノロジー医療をほどこしています。
剣術と格闘術のトレーナーは元陸上自衛官の卜部。

戦闘能力が高く、怪物退治のプロとして怪物に負けない実力を持っています。

めいという歳の離れた姉がいて、姉とは父親が一緒で母親が違い、鳴は頼電のになります。鳴は東京で隠神と一緒に働いていましたが10年前に死去。
頼電は姉のことを大切に想っていて姉の誕生日には毎年祝ってあげています。

隠神との関係

頼電は狸が大嫌いで、視界に入れるのも嫌なほどです。
狸が嫌いな理由は昔隠神が原因で姉の鳴が亡くなったため。

鳴が亡くなったのは10年前ですが、死亡が正式に確認されたのは9年前。1年間、鳴の死は隠された状態でその後遺体はほとんど戻りませんでした。

この出来事から頼電は姉が亡くなった原因を作った「隠神鼓八千」という人物を深く恨むようになり、狸に対して憎悪の感情が芽生えるようになりました。

鳴は隠神の昔の相棒で、東京で共に探偵業をしていました。事務所の半分はバーになっていて、バーは鳴の趣味で始めていたとのこと。

頼電は鳴の死後、隠神を捜すようになります。
しかし、ミハイが隠神の情報を人間からはわからないようにしていたこともあり、なかなか見つけることはできませんでした。

頼電と隠神が直接会うことになったのは鳴の死から10年後になります。
新たな怪物の結石を手に入れるため怪物屋(夏羽、織、晶、隠神)が京都に訪れ、そこでゲンジのメンバーと会うことになりますが、そこで頼電と隠神は始めて顔を合わすことになりました。

頼電は隠神に斬りかかり、隠神は頼電が鳴の弟だということを知ります。

その後、怪物屋とゲンジの手合わせが始まり、頼電は隠神との一対一を望んで対決することになります。


まとめ

京都の公安警察の源頼電は普段は学校に通っていてその一方で公安警察の特殊チーム「ゲンジ」のリーダーとしても活躍しています。

とても真面目な性格で実力がある人間として将来も有望されています。正義感が強くて謹厳実直な頼電は人間の鑑みたいな人物ですね。イケメンキャラの頼電(´∀` )
そして姉想いなところも良いですね。誕生日プレゼント考えてるところ優しい♪

隠神は頼電に死ぬほど恨まれてますが一体何をしでかしたのでしょうか。
京都編では怪物屋とゲンジが手を組んで京都の狐のアジトへ潜入することになりますが隠神と頼電は和解することができるのでしょうか(・・;)

頼電は高校生でありながら公安警察としても働いていますが、なぜ高校生の頼電が公安の一員なのかというと理由は内閣総理大臣の頼電の父親によるコネだそうです。
頼電は権力を正しく使うことこそ貴族の義務だと思っているため、父親の力を借りて学校に通いながら公安の仕事も両立させています。

怪物事変の人間のキャラの中でも優秀でかなりの実力がある頼電。人間代表としてこれからも活躍してほしいです。

 

今回は怪物事変に登場する源頼電について紹介しました。

 

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》