【怪物事変(けものじへん)】


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトより

警視庁の警視・飯生の元で働いている野火丸は怪物事変のキャラクターの中でも最も謎が多い人物です。

その正体は、人間に化けることができる通称バケギツネ

野火丸は敵の立場でありながら夏羽たちに協力する様子部下を飯生から解放する方法自分の目的を叶えるために飯生を利用するなど、何を考えているのかわからない謎のキャラです。

野火丸の目的については作中ではまだ明かされていません

 

普段は飯生の部下として部下たちをまとめて、野火丸自身も飯生の命令には忠実に従っています。
飯生からしたら野火丸は優秀な側近のような人物ですが、飯生自身も野火丸のことは「使える道具」としか考えていません。

謎が多い野火丸ですが、彼の目的は何なのか?
飯生の力を必要とする理由、夏羽たちに協力する理由とは何か?


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトPV④より

 

今回は作中での野火丸の行動や発言から、野火丸について正体や目的などを考察しました。

 

スポンサーリンク

 

野火丸の正体や目的とは?

【怪物事変】敵か味方か!? 謎多き化狐『野火丸』について紹介!!

謎が多い野火丸ですが、野火丸の正体はバケギツネと呼ばれる狐の怪物です。野火丸は自分では「耳も尾も消せない狐の中でも」と発言。

狐の怪物のキャラクターは作中でも多数登場していて、警視庁のボスである飯生やその部下たちも狐の怪物です。
狐は主に五感に作用する「幻」と相手を焼き尽くす「炎」の能力を使って戦います。

しかし、野火丸は他の狐たちとは違う特徴を持っていて、それが〝子供の姿〟と〝大人の姿〟になれることです。
この能力は野火丸だけが使える特殊能力で、化狐が全員使える能力ではありません。なぜ野火丸だけがこの能力を使えるのかは不明ですが、本当の姿が子供の姿なのか、それとも本当の姿が大人の姿なのか。
普段は子供の姿で行動していて、野火丸はその理由については「かわいいほうが得なことが多い」と考えています。以前、裏屋島に侵入した時もその侵入方法について表の住人に「かわいい姿でお願いしたら教えてくれた」と発言していました。野火丸は頭もいいので、子供の姿で相手を油断させたり様子をうかがっているところがあるかもしれませんね。
野火丸も結構かわいいものが好きだったりしますよね(・・)

 

野火丸の目的は作中ではまだ詳しく明かされてはいません

しかし、作中では気になる発言があり、隠神になぜ飯生の元にいるのか聞かれた際に「飯生に従っているのは極めて個人的な理由」と発言していて、続けて「誰かに力を貸してもらえるような理由ではない」とありました。

野火丸は飯生のことが嫌いですが、飯生に協力しているのはこの『極めて個人的な理由』というのが動機のようです。

自分の目的を叶えるために飯生を利用、コントロールしている感じですね(°°)
部下を飯生から解放させようとしたり夏羽の持っている怪物の結石を奪うチャンスがありながら奪わなかったり、飯生の前では従順な部下を装っていますが裏では飯生に尽くすつもりがないのがわかります。
飯生の力を必要とするくらいなので、この目的というのも簡単なものではないと思われます。

野火丸の目的が明かされるのはおそらく物語の終盤になると思いますが、目的を達成させたあとは野火丸は飯生の元を離れそうな予感です。

 

普段は飯生の部下として任務を遂行している

野火丸は普段は飯生の部下として、他の狐たちをまとめるリーダー役でもあります。警視庁捜査特課のリーダーを任される野火丸は部下たちに指示を出してみんなをまとめています。
自分自身も任務で動くことがあり、飯生にとっても優秀な部下として評価されています。

飯生の機嫌を損ねないためにも、飯生の様子を見て考えて行動しています。

 

夏羽たちに味方する理由


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトPV③より

作中では野火丸が夏羽たちに協力する場面が何度か描かれています。

野火丸が夏羽たちに味方する理由は謎のままです。
予想としては自分のことしか考えていない飯生より純粋な夏羽を見て協力したくなった、または飯生を止めるために夏羽たちの力を必要としている、というところでしょうか。
以前、野火丸は困っている夏羽に対して助ける代わりに『自分も仲間に入れてほしい』という発言をしていました。紺の爆破事件の時に再び屋島で夏羽に会った時もそのことを覚えているか確認していました。
もしかすると野火丸は「本当は夏羽の仲間になりたい」という気持ちがあるのかもしれません。

 

野火丸が初めて夏羽たちの前に現れたのはバグバイト電子工場の時。夏羽と初めて会った野火丸はそこで夏羽に、飯生が命結石を諦めていないことやその回収方法などを話します。
なぜそんなことを教えてくれるのか聞かれる野火丸は、夏羽に「飯生のことが嫌い」ということを言います。
初登場時から飯生のことは嫌いなようですね(・・;)

野火丸は夏羽たちと一緒にいる場面も多く、織の親探しで群馬に来た時は野火丸も現れて織の叔父・蓼丸昭夫の情報について共有したり、零結石の力に呑まれた結と対決した時は夏羽とタッグを組んで戦いました。

そして、赤城と花楓が屋島を襲撃しに来た時も、野火丸は屋島襲撃の件を隠神たちに伝えています。襲撃のことを聞いた隠神たちは修行でパワーアップした夏羽たちと一緒に屋島に向かいます。そこに野火丸も協力して一緒に戦うことに。終戦のあと、野火丸は一緒に戦った理由については「自分の都合で助ける命を選んでいる」と語っていました。
裏屋島での戦いでは野火丸の情報や参戦が屋島のみんなにとっては大きかったと思います(・・)

野火丸は屋島を去る時に眠っている夏羽に対してこのような発言をしています。
「君のやろうとすることは僕にはできないことばかりだ……」
「大丈夫 君ならなんだってうまくできますよ また逢いましょう
この発言を見ると野火丸は怪物の結石を集めている夏羽を応援しているようにも思えます。飯生からしたら夏羽は怪物の結石を集める上で敵側の存在。しかし、飯生の部下の野火丸は夏羽に協力的自分にはないものを持っている夏羽〟に対して野火丸は何か特別な感じがあるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

野火丸の正体は狐の怪物。通称「バケギツネ」。
人間に化けることができる野火丸ですが、人間の姿でさらに〝子供の姿〟と〝大人の姿〟に使い分けることができます!

目的については詳しくは今のところ不明ですが、野火丸自身の個人的な理由があって飯生の元で働いているようです。飯生に対しては慕っているわけではなく、あくまで自分の目的のために飯生を利用している様子が見て取れます。
普段は捜査特課のリーダーとして下の狐たちをまとめていて、飯生にとっても仕事のできる野火丸は優秀な部下(道具)。

作中では夏羽たちに協力する場面が出てきます。夏羽に対して「仲間に入れほしい」という発言もあり、夏羽を気にかけている様子もありました。
飯生の部下ではありますが慕ってるわけではなく、夏羽たちには協力的な一面がたびたび。しかし、立場上は夏羽たちからしたら敵。
自分の目的のために飯生に従っていますが、将来は飯生の元を離れて夏羽たちの味方になる可能性もあるかと思われます。

怪物事変で最も謎が多いキャラクター・野火丸ですが今後、謎な部分について作中で徐々に明かされていくことでしょう。

野火丸は物語の最初の序盤から登場している主要キャラクターで、作中でも多く登場しています。
今後もまた活躍が見れるかと思うので、謎多き狐の野火丸の動きに注目ですね。

 

今回は作中での野火丸の行動や発言から、野火丸について正体や目的などを考察しました。

 

スポンサーリンク

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》