【怪物事変(けものじへん)】


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトより

怪物事変のコミックス2巻の第5話で隠神探偵事務所にひとりの人間が依頼にやってきます。

依頼人の名前は夜野。

彼は「好きな人がいる」ということで隠神探偵事務所に相談にやってきました。その好きな人は夜野がよく行くお店の従業員の女性

その女性に想いを伝えようと隠神探偵事務所の力を借りにきましたが、実はその女性は何やら事情が有り気な女性。『実らぬ恋かも』と危惧きぐする隠神でしたが、夜野はその女性に想いを伝えるため、夏羽たちと一緒に視察に行くことになります。

 

今回は依頼人・夜野とその恋した女性・まおちゃんの恋愛について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

夜野が恋した女性


出典:怪物事変 コミックス2巻より

夜野が恋した女性は、夜のお店(風俗店)で働く『まお』という名前の女性。

一目惚れではなく、夜野は時間をかけてその優しい人柄を好きになったようでした。知らないのは彼女の本名や連作先。夜野は聞き出そうとしたこともありましたが、結局教えてもらうことはできず、関係を進展させるために、今まで勤務時間外でも会おうとして、仕事終わりの時間帯を調べて何度も待ち伏せしましたが結局会うことはできず、片想いの状況が続いていました。

いつかプライベートで会えた時のためにプレゼントも用意してかばんに詰めて持ち歩いていました
プレゼントの中身は「ねずみ」

 

夜の店で働く風俗嬢・まおちゃんの正体


出典:怪物事変 コミックス2巻より

夜野が恋した風俗店の女性・まおちゃんの正体は猫又ネコマタと呼ばれる猫の怪物。

美男美女に化けて人間を誘惑して、誘惑された人間は猫の姿になってしまいます。誘惑状態をとくと一週間ほどで人間の姿に戻ります。

夜野は完全には誘惑されていない状態でしたが、ねずみを見ると反応して捕まえたり表情も猫のような顔になっていました。隠神は夜野のこの様子を見て猫にかれていると感じていました。

 

夜野とまおちゃんの恋愛について

夜野が想いを伝えるシーン

夜野からの依頼を達成させるため、彼と一緒に夏羽・織・紺がまおちゃんの働くお店に張り込みを開始します。
店の中から一匹の猫が現れて、ターゲットにした夏羽たちは後をつけ、猫は狭い路地へと入り、そこで夏羽はその猫に話しかけます。
猫の正体はまおちゃんでした。

驚く夜野でしたが、想いを伝えるためにプレゼントを取り出します。
そして、今まで思っていたことを洗いざらいさらけ出して、まおちゃんに告白します

 

夜野「き…キミと出会うまで ぼくは… 何もない人間でした 興味のあることも…  友達もいなくて…  ずっとひとりぼっちで…… 毎日…ただ息して動いてるだけ…ロボットみたいだった……… まおちゃんは初めてできたぼくの… 光なんです ぼくを猫にしてください ぼくはキミのために生きたい 人間の生活に 未練はないです」

 

夜野とまおちゃんのその後

夜野は告白した数日後に探偵事務所にまおちゃんと共にお礼にやって来ます。

あれから色々あって、夜野とまおちゃんは付き合うことになり、今は夜野の部屋で一緒に暮らしています


出典:怪物事変 コミックス2巻より

 

スポンサーリンク

まとめ

隠神探偵事務所に来た依頼人・夜野の恋の結末でしたが、夏羽たちの活躍もあって無事に想いを伝えることができました。そしてその後も一緒に暮らすようになって、夜野は恋が実って本当に良かったと思います^^

好きだった女性がまさかの「猫」、それでも夜野は好きな気持ちを伝えるために、緊張しながらもまおちゃんにしっかり想いを伝えることができました。
夜野は非モテの冴えないオタクみたいな感じの男性でしたが、こういう男性が好きな人に告白してそのあと結ばれるというのはいいですね。
自分でまおちゃんのことをいろいろ調べようとしたり、探偵事務所に依頼に来るぐらいだったのでよっぽど好きだったのでしょう。
夜野の発言で、まおちゃんと結ばれて「毎日すごく幸せで…」というのがあって夜野自身すごく嬉しそうでした(*´`*)

ちなみに中国語で猫のことは「マオ」と言いますが、猫又の女性の名前の「まお」もそこからとったのかもしれませんね。

 

この恋の依頼で夏羽は『恋』について学びました。『恋=光』でとらえ方はちょっと違ってましたが夏羽にとっても良い経験になったようです。あとの話で夏羽は恋人について「隠神さん」と答えていて、晶に「猫のお兄さんの時のやつまだ勘違いしてる」と言われていました^^

この話は2巻の5話に登場する話で、この2人はここでしか登場しませんが、とても印象に残る話でした★

【怪物事変の単行本2巻】感想・ネタバレ

 

今回は依頼人・夜野とその恋した女性・まおちゃんの恋愛について書きました。

 

スポンサーリンク

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》