【怪物事変(けものじへん)】


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトより

『怪物事変』はジャンプスクエア2017年1月号から連載中の藍本松さんによる漫画作品。
2021年1月から3月までTVアニメが放送されました。
このページでは怪物事変についてまとめています。
※ネタバレ情報あり


隠神探偵事務所の所長・隠神いぬがみは警視庁の警視・飯生いなり昔からの付き合いで、お互い怪物のために協力関係を結びました。怪物のために隠神は探偵として裏側から、飯生は警視として表側から動いています。
隠神は夏羽たちと出会う前までは相棒と探偵業をしていましたが、その相棒の存在については京都編で判明。
隠神探偵事務所の半分はになっていて、その店は相棒の趣味だったとのこと。

隠神は現在は隠神探偵事務所(怪物屋)のオカルト探偵としてさまざまな依頼を引き受けて解決しています。
隠神と飯生はお互い、特殊な状況下で作られた特殊な石『怪物の結石』についても知っていてとても興味ありげな様子。そして、怪物の結石〝命結石〟を持つ夏羽が現れたことで協力関係だった2人の状況は変わります。

 

今回は隠神と飯生の関係について、隠神とその相棒について調査しました。

 

 

隠神と飯生の関係について

隠神探偵事務所所長・隠神

【怪物事変】本質を見抜く化狸の探偵『隠神』について紹介!!

隠神は〝バケダヌキ〟と呼ばれる狸の怪物。隠神探偵事務所(怪物屋)の所長で、オカルト専門の探偵としてさまざまな依頼を引き受ける。
【怪物事変】屋島出身の隠神! その正体や強さについて

警視庁警視・飯生

【怪物事変】人心を操る化狐の女王『飯生』について紹介!!

飯生は〝バケギツネ〟と呼ばれる狐の怪物。警視庁の警視で、怪物でありながら警察に権力を持つ人物。
【怪物事変】飯生の正体は九尾の狐! 未知数の実力を持つラスボス的存在!

隠神と飯生の関係

作中では隠神と飯生は狸と狐のライバルのような関係ですが、夏羽が現れる前の当初はお互いが協力関係にありました。

隠神と飯生はお互いよく知る昔からの付き合いで、お互い元々は仲の良い怪物ではありませんでしたが、怪物のために協力関係を結ぶことになりました。この2人は最初の頃は協力してたんですよね(・・;)
2人はお互いにケータイで連絡を取り合う様子もあり、隠神は夜遅くに電話することも。アニメ版だとよりお互いが男女の関係のように仲良さそうに見えました★
ちなみに隠神探偵事務所の看板を作ったのは飯生。

隠神が怪物屋の所長を引き継いで〝隠神探偵事務所(怪物屋)〟として始めたのが10年前なので、隠神は屋島を出てすでに10年以上は経っています。
隠神は昔、相棒と探偵業をやっていたそうですが、もしかしたらこの頃から飯生とは顔見知りだった可能性もありますね。

最初の頃は協力していた隠神と飯生ですが怪物の結石が融合するという事実がわかり、飯生は怪物の結石をすべて揃えて独り占めするために、隠神と飯生のお互いの同盟は解消されました

 

隠神と飯生はお互いの性格をよく知っています。作中ではそれぞれについて話す場面もありました。

飯生について隠神は、紺が任務に失敗して事務所に来た時は「飯生 この子のこと忘れてんだろうなー」という飯生の性格を知っての言葉や「ちょいと潔癖で血の気の多い女でね」「あいつはとにかく〝力〟に執着のある女だ」という発言、飯生自身が東京から動くことができないことや支配の力を強めた飯生がまず最初にすることが〝食糧の独占〟をすることを予想するなど、隠神はよく知る飯生の性格を踏まえての発言があります。

隠神について飯生は、結に凍らされた隠神に対して一層目で断熱・二層目で空間の『魔法ビン構造』を明察する場面や隠神に「弱くなったね隠神」「義理堅い男って面倒ー」と発言する場面がありました。桜牙ハム千葉工場を落とし損ねたのが悔しくて、その原因に隠神が関係していたと知って部下に隠神の地元の屋島を襲わせようとするなどの行動もあります。

隠神と飯生は現在は怪物の結石をめぐって敵対関係
お互いのことをよく知る2人なので、気がかりにはなっているようです。実力はどちらも一筋縄ではいかない力を持っています(・・)

隠神は昔相棒と探偵業をしていた

隠神は夏羽たちと隠神探偵事務所で働く前は相棒一緒に探偵業をやっていました

その相棒は京都編でめいという女性だということが判明しています。生死についてはすでに亡くなっています
鳴は京都の公安警察「ゲンジ」のリーダーである頼電の姉で、10年前に隠神と一緒に探偵業をしていました。鳴が亡くなった原因を作ったのは隠神本人。詳細は不明。

隠神は鳴が亡くなったあと、新しい相棒を探しにルーマニアを訪れてミハイをスカウトしました。

隠神探偵事務所の半分はになっていて、現在は営業はしていません。その店はお酒がたくさん揃っているバーのような店。店は昔のごりでその相棒の趣味だったようです。隠神は興味がなく、その店は現在もほったらかしの状態。
作中では店と勘違いして依頼人が入ってくる場面も。
趣味でバーをやっていたことから、相棒の鳴はバーのようなおしゃれな雰囲気やお酒が好きだった人物だと思われます。

隠神の相棒について織が夏羽に話していましたが、現在いないということは何かがあったのだと推測して、ヤボなので隠神には聞かないように言ってました。

隠神は店に入って来た依頼人にお酒を提供する場面がありましたが、隠神はお酒も好きそうでバーで働く隠神も似合ってそうですね!


まとめ

隠神と飯生は昔から知る関係で、お互い怪物のために協力関係を結んでいました。連絡を取り合って話すシーンもあり、隠神と飯生は長い付き合いのためお互いのことをどんな人物か分かっているようです。昔の隠神と飯生の関係も見てみたいですね。

現在は怪物の結石をめぐって敵対関係。隠神と飯生はどちらも探偵事務所と警視庁のリーダー的な立ち位置です。怪物の中でも実力のある2人で、お互いをよく知るからこそ下手な行動はできなかったりいろいろと作戦を立てる必要がありますね。

隠神が昔一緒に探偵業をしていた相棒ですが、その相棒は「鳴」という女性。お酒やバーなどのおしゃれな雰囲気が好きな人物だと思われますが、今はもうこの世に存在していません。
作中では隠神が『鳴を殺したのは自分』という発言をしてましたが、おそらく直接殺したわけではなく何か理由があって結果的に隠神が鳴を死亡させる原因を作ってしまったということだと思います。隠神のことなので何か深い事情があったのでしょう。

隠神は鳴の死後、ミハイと出会いますが、ミハイとは現在で10年来の付き合いになります。昔の相棒を失って、次の相棒はミハイでしょうか。
隠神は飯生ともミハイとも長い付き合いですね。

隠神と飯生の関係についてや隠神の相棒についてでしたが、怪物事変の謎についていろいろ考察してみるのもおもしろいかもしれません(^▽^)

 

今回は隠神と飯生の関係についてと、隠神とその相棒について調査しました。

 

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》