【怪物事変(けものじへん)】


出典:TVアニメ『怪物事変』公式サイトより

怪物事変の世界には蜘蛛アラクネという怪物がいます。

体から糸を出して自在に操る能力を持っています。主要キャラクターの織がその能力を使っていますね。

織は蜘蛛アラクネと人間の間に生まれた半妖で見た目は人間の姿をしています。

 

今回はアラクネとは実際にどんな存在なのかを調査しました。

 

スポンサーリンク

 

アラクネとは

アラクネはギリシャ神話に登場する女性です。イドモーンの娘で、リュディアで染織の仕事をしていました。アラクネーとも呼ばれます。

ゲームや漫画などでは、上半身が女性で下半身が蜘蛛の怪物として登場します。

 

《ギリシャ神話》

昔、リュディアという地方にアラクネという娘が暮らしていました。アラクネは機織はたおりが大好きで、その技術は人間とは思えない程でした。アラクネは、機織の名手の女神アテナにも負けないと公言していましたが、それを耳にしたアテナは聞き捨てならないとして人間界に降りてきて老婆の姿でアラクネの前に現れます。アテナはそんなことを言ってはいけないと、その言葉を取り消すようにアラクネに言いました。しかしアラクネは、取り消すどころか何なら今すぐに勝負をしても良い、と言い出しました。アテナは変身を解いて女神の姿に戻ります。お互いが機織の名手で、“人間界のアラクネ”と“天界の女神アテナ”は機織で勝負をすることになり、その結果、アラクネの見事な出来に驚くアテナでしたが、その神々を侮辱した様子が描かれた作品に腹を立てたアテナは、その作品を引き裂いてアラクネを打ち据えます。アラクネは自分の過ちに気が付き、首を吊って自殺をしますが、アテナは怒りと哀れみからアラクネにトリカブトの液をかけて彼女を蜘蛛へと転生させます。こうしてアラクネは蜘蛛としてぶら下がりながら糸を出し続ける生活を送ることになりました。

 

『怪物事変』に登場するアラクネ

怪物事変に登場するアラクネは、織、組、綾の3人がいます。3人とも家族で、見た目は人間の姿をしています。

織:蜘蛛アラクネと人間の半妖

組:蜘蛛アラクネの怪物

綾:組と他の生き物の配合によって生まれた蜘蛛アラクネの能力を持つ怪物

 

スポンサーリンク

まとめ

アラクネはギリシャ神話に登場する機織はたおりが得意な女性のようです。女神アテナに勝負を挑んで最終的には蜘蛛に変えられてしまったということでしたが、アラクネ自身あまりの自信に女神にも負けないと口に出してしまったんですね。アラクネが蜘蛛になってしまうという物語でした。

ゲームなどのキャラクターでもアラクネという怪物かいぶつが出てきますね。人間と蜘蛛の姿で登場して糸を使ったりしています。

怪物事変では主要キャラクターの織が蜘蛛アラクネと人間の半妖ということで、戦闘シーンなどでも糸を使って戦っています。いろいろな性質の糸を使った技がたくさん出てきて面白いです。

 

今回は怪物事変に登場するギリシャ神話の「アラクネ」について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

質問や感想などがある場合には下のコメント欄かページ下の管理者情報にあるメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします

《怪物事変のアニメ大辞典 TOP》